読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

korosuke-pon’s diary

V6のファンなので、その話がメインになりそう。単なるファンの独り言を、だらだらと書いていきたいと思います。たまに映画や読書のことも書くかも。

ありきたりですが(SVb鑑賞 その4)

長野博生誕祭も終わりましたので、平常運転に戻ります。

メンバーの誕生日には必ずお祝いのバースデーケーキを食べるようにしているんですが、今回はちょっと都合がつかず食べられなかったのが心残りのころもです。

 

私が最初に見たSVbのお話は、まだまだ続いています。

生来文章を書くのが苦手ですので、たまたま私のページをご覧いただいた方には、我慢大会みたいなことになって申し訳ないですが、もうちょっとお付き合いください。

 

今更ながらこの特典Bのブックレットを見ています。ややカジュアルな衣装に身を包んだ彼ら、アイドルってこうだよなって感じでカメラに視線を向けています。もっさーとした髭のせいか、集合写真でもどうしても岡田くんの師範っぷりに目がいってしまうのですが、やっぱさすが伊達にアイドルを長年やっていないですね。皆さん、素敵♥割とネタ的に扱われるいのっちですら(失礼!)、年をとったせいかぱっちりと二重の瞳が持つ魔力にやられます!年輪を感じるカメラ目線です、いわんや剛健をば!

 

私、年が年ですのでもう自重しますが、年ごろの娘さんだったら全員のポスターやら写真やら貼りまくりますよ。っていうか、別に自重しなくてもよいのではないかと、最近同級生のお宅の嵐部屋+リビング(娘三人+母親皆嵐ファン)を見た今となっては、思ったりもするんですがよ。地元のジャニショで、いい年をしてこそこそと写真を集めながら、彼らの画像で満たされた私の部屋を夢想したりするのです。

 

では、DVDの続きです。

次のミッション、「20周年の記念となるトリック写真を撮ってください」。

まあ写真といえば、ここは趣味としてカメラを公言しはばからない岡田くんですよ。他のメンバーに角度やら、立ち位置などいろいろと指示をしながら撮影は続きます。でも彼らのことですから、いつの間にやら悪ふざけの方にシフトしてしまいます。最終的には、アニバコンで披露されたあの画像の元ネタとなったトリック写真ができあがりました。トリック写真としての出来はともかく(笑)、あれがあの形であの場で披露されたこと、そしてメンバーの手に渡ったこと、あの場にいなかった多くのファンの元にもDVDの中の映像として披露されたこと、これは本当にすごいことだと思います。それにしてもいのっちって、その場のノリに全力を注ぐ人ですね。彼には感謝しかありません。個人的には、あの画像の坂本くん・長野くんが、グループの保護者感が出ててお気に入りです。

 

次のMVは「バリバリBUDDY!」「kEEPoN,」「ROCK YOUR SOUL」でした。

どれも特徴のある曲ばかりですが、最初の二曲は後で知ることになる動画ネタの印象が今となっては強すぎます。「バリバリ~」は"SET UP, 1,2,3"の森田くんが間違える例のやつ、「kEEP On,」は言わずと知れた坂本くんの" 誘いなッビ~"。「ROCK YOUR SOUL」に関しては、踊りまくる彼ら(WITH岡田くんの格闘技テイスト入り)ってのが私のツボで、アニバコンではほんの一瞬しか披露されなかったのがとても残念でした。アニバコン以降のファンなので、一度も彼らのライブには参戦できていない私ですが、いつかは「ROCK YOUR SOUL」のパフォーマンスを目にしたいなと願っています。ファンクラブに入会してから応募したすべての舞台チケットが全滅という、ビギナーうラックどこへやらってくらいくじ運に見放された私ですが、次回の応募の時にはなんと笑えたらいいなぁ。

 

ってことで、まだまだ続きます。